2018年12月 - 名古屋市の家事代行ブログ

株式会社E.I
メールでのお問合せ
2018年12月18日 [民泊 清掃代行 名古屋]
これまで亡き父が残してくれた不動産は、賃貸マンション以外は結構空き家や空き室にしていて、家は誰も住まないでいると傷みも早くなると聞いていたので、定期的に風通しを良くするためにそれらを自ら回っていました。
最近オリンピックに向けて、東京ではホテルの部屋不足が危惧されていて、その対策として民泊が流行していると聞いて、これだといちいち空き部屋を回る手間もなくなるし、税金を支払う分くらいは名古屋でも利益になると思い、民泊業をはじめることにしました。
問題は、家屋や部屋を利用した後の清掃を誰がするか?ということでしたが、調べると民泊の清掃を専門でしてくれる業者が見つかって依頼させてもらうことにしました。
私が部屋の掃除をするともちろん経費もかからないので、一応自分でもトライしてみましたが、やはりプロが行う仕事に比べる全然上手くいかなくて、清掃代を差し引いて価格を設定しても、十分に利益が取れることが分かったので、今後も清掃業務は全てお世話になりますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

民泊清掃以外にもいろいろ助けてもらっています


民泊をはじめて、当初は私と妹と二人で清掃を行っていましたが、外国人のお客さんが利用した場合、話には聞いていましたがかなり部屋が汚くなり、もちろん土足は厳禁にしていましたが、予想以上に利用者も多くなってきて、私たちの手には負えなくなり、専門の清掃業者に任せることに決めました。
家事代行会社として清掃を依頼しようとしましたが、驚くことに時代に合わせて民泊清掃も専門にしていることが分かり、清掃以外にもいろいろ助けてもらっています。

2018年12月18日 [家事代行 名古屋]
以前から仕事をしたい願望が強くて、子供ができたことをきっかけに一旦は主人の強い希望もあって専業主婦になりました。
子育ては予想以上に大変で、本当はもっと早く仕事を再開しようとしていましたが、結局子供が小学生にあがるまでは仕事から遠ざかっていました。
子供ができると意外にお金もかかることを主人も認識して、中学、高校と進むともっとお金がかかるため、主人からも許可を取って仕事に復帰しました。
ありがたいことに前の職場に採用してもらえて、最初はリハビリ的に働かせてもらう予定でしたが、経験豊富な私をみんなが重宝して使い出して、残業なしの約束でしたが、少し経つと連日残業状態になってしまいました。
子供は名古屋市内に住む両親にみてもらっていましたが、毎日甘えるわけにもいかないし、主人も帰宅して毎日私の両親が家にいることにストレスを感じはじめていて、会社の上司に相談すると、家事代行を利用してみてはどうかと提案してもらえて、
子供の面倒もみてもらえる家事代行会社を発見しました。
他の家事代行会社よりも料金も安くて融通が利くので、とても助かっています!

妻が名古屋に来た後も家事代行を利用させていただきます


名古屋への転勤を言い渡されて、あまりにも急だったので最初は私だけしばらく単身赴任状態で、会社が用意してくれてマンションで暮らすことになりました。
子供の転校の手続きなども必要で、結局それから4ヶ月後に妻と子供が追いかけてくる形になりましたが、一人暮らしははじめてで、すぐに部屋の中が散らかり放題となり、妻が来るまでの予定で、家事代行会社を利用することにしました。
食事の世話や掃除や洗濯など、ピーポイントでもいろいろやってくれるし料金も安いので、今後もちょくちょく利用させてもらいます。

このページの先頭に戻る